仕事関係の人に暑中見舞いを書く場合、どんなことを書いたらいいのか、マナーはあるのか、など様々なことを気にしてしまって、結局当たり障りのない形式的な年賀状になってしまうことが多くあります。
そんな仕事関係の人に出す暑中見舞いのマナーなどについて、今回は詳しく知ることが出来てとても勉強になりました。
参照:暑中見舞い 文例

まず一般的に、ビジネス用の暑中見舞いには夏季の営業日程などの連絡を入れることが多いそうです。
その他、相手を気遣った時効の挨拶、自分の近況報告、そして結びでも相手を気遣う言葉を入れると良いということでした。
暑中見舞いには、1年の中で最も暑さの厳しい時期に、相手の健康を気遣う言葉を書いて送るという意味が本来はあるので、何よりも相手を気遣った言葉を入れることがとても大切ということがわかりました。

また、暑中見舞いに自分のことを書くのは意外な感じがしましたが、それも大事なことということなので、これからは意識して書いていきたいと思います。
色々書くべきポイントは押さえても、いざ書くとなるとわからないものですが、文例がたくさん乗っていてイメージしやすかったので、これからは悩むことなく書けそうです。

そして、時期などにもマナーがあるので、送る時期にもしっかりと配慮をして、仕事がスムーズになるような暑中見舞いを出したいと思いました。

関連記事

    None Found